ブログ運営

【失敗談あり】ココナラでのイラスト・アイコンを発注するときの流れを解説

ブログやSNSでアイコンが、フリー素材でダブったり、似たようなものだったりするときありますよね?

そうなると自分だけのアイコンが欲しくなりませんか?

  • ブログ・SNSのアイコンを差別化したい
  • 失敗しないココナラの使い方を知りたい
  • 具体的な発注方法を知りたい

本記事では、上記のような悩みに答えたいと思います。

僕が普段ブログやSNSで使っている、このズラタンのアイコンですが、

コレ↑

このアイコンをココナラで発注したときの流れと、失敗した話しようと思います。

発注してアイコンを作るとお金は掛るけど、他にはないオリジナリティがあります。

「おっ?このブログなんか雰囲気違うなぁ!」

と思われること間違いなし!

本記事の前半ではココナラの説明と、使い方を5ステップで説明し、記事の後半では、僕の失敗談を解説します。

僕の失敗談を活かし、あなただけのオリジナルアイコンを作る助けにしてください。




ココナラってなに?解説します。


ココナラとは自分のスキルを販売できる、フリーマーケットのようなサービスです。

人気のサービスは以下のようになります。

  • デザイン
  • イラスト・似顔絵
  • webサイト作成
  • 音楽・ナレーション
  • 動画・写真・画像
  • ライティング
  • ビジネスサポート
  • IT・プログラミング
  • 恋愛相談・カウンセリング

僕の「ベガサポ・スタジアム!」やTwitterのアイコンも、ココナラで発注して作ってもらいました。

コレです。

注)よく勘違いされますが、僕は絵は描けませんw

ココナラの利用料金は?

アイコンは出品者によってバラツキますが、

大体1枚500円~5,000円ほどです。

以前ベガサポ・スタジアム!で、使用していたヘッダー画像も、ココナラで作りました。

こちらは3,000円位だったハズです。

たくさんサービスがあるので、詳しくはココナラで実際に確認してみてください。


ココナラの使い方を5ステップで解説

アイコンを発注するときは、次の5ステップをクリアすればOKです。

  1. イラストレーターを探す
  2. 見積り・仕事の相談をする
  3. サービスを購入する(支払い方法)
  4. トークルームで詳細を詰める
  5. 相手を評価する

ステップ①:イラストレーターを探す

まずは発注する人を探しましょう。

探すときのポイントは次の3つです。

  1. アイコンに求める画風
  2. 実績を確認する
  3. 認証状況を確認する

①:アイコンに求める画風

まずは求める画風を探しましょう。

ブログやSNSの雰囲気にあう画風がベストですね。

サンプル画像を見て探しましょう。

②:実績・評価を確認する

サンプルから候補を探したら、次は実績・評価の確認です。

もはや当たり前かと思いますけど、相手の実績や評価を確認しましょう。

いい人になればなるほど、高評価になります。

評価

上記のような5段階評価になってます。

販売実績

販売実績は、赤線の部分ですね。

これまでの件数が表示されてます。

③:認証状況を確認する

最後は認証状況です。

これは本人確認がキチンと取れているかになります。

念のために見ておきましょう。

ステップ②:見積り・仕事の相談をする

次に見積りと仕事の相談です。

こちらは僕がよく依頼する、みたたろさんの出品者ページです。

みたたろさんの出品ページ

右端にある緑のボタンから、依頼する事ができます。

スクショを貼ろうと思ったんですが、めっちゃ長くなるので、見たい人だけ見てください。

依頼の画面

重要なのは、「相談の目的・背景・追加情報」の部分と「参考資料」ですね。

ここの部分をすこし深掘りします。

【深掘り】依頼するときのコツ

依頼するときのコツはシンプルです。

ネタ元になる画像を用意して、その元画像に寄せて貰うことです。

僕が依頼したときの文章をコピペします。

お世話になっております。 また依頼をしたくてDM致しました。
アイコンはまた同じ僕のキャラクターで、 サイズも500×500の背景透過でお願いします。
構図のモデルは添付画像に寄せてほしいです。
また、今回は別ブログのためユニフォームではなく、 幼稚園児のスモッグ風のものでお願いします。

ここでは、

  • 書いて欲しいキャラクター
  • アイコンのサイズ
  • 背景は透明
  • 構図は添付画像に寄せる
  • 服はスモッグ

そして、合わせて参考資料として、アニメやマンガのひとコマをスクショして送信しています。

 

参考画像の事例

例えば、過去作だとこの画像

これは、デスノートの夜神ライトの、このシーンをモデルにしています。

特にマンガのキャラクターは、オマージュしやすくて、ブログやSNSでは使いやすいです。

そして、今回はこのキャラクターを依頼しました。

現在制作中の別ブログに使用するアイコンですね。

注意)ただし、あんまり露骨にマネすると怒られるので気を付けましょう。

話を戻しますね。

すべてを記入して送信すると、出品者から返信がきます。

そちらには、出品者さんからの条件提示です。

お互いの条件を擦り合わせたら、購入しましょう。

僕は基本提示された条件で購入してます。

ステップ③:サービスを購入する(支払い方法)

購入方法は下記の通りです。

基本的にクレジットカードを1枚あればOKです。

無い場合でもコンビニ決済で対応できます。

料金は「新規購入」と「追加購入(おひねり)」に分かれてます。

例えば、一気に5枚アイコンを頼んだとすると、1枚分(新規購入)+4枚分(追加購入)という形で払うこともあります。

ステップ④:トークルームで詳細を詰める

決済が終わると、その後はトークルームでのやり取りになります。

僕の場合は、下書き→清書(色付け)の流れです。

下書きは色なしのラフで、イメージに合っているかどうか?を確認します。

OKを出せば、色付けしてもらい清書→納品になります。

追記:みたたろ様のご厚意により、今回下書きを公開させていただけました。

下書きがこちら

このように下書きが上がってきます。

ここで修正して欲しい部分があれば、修正を依頼。

OKだと思ったら、清書になります。

 

清書はこちら

いい感じに「脳が震える~」ってなってますねw

僕の場合はほとんど一発OKです。

ちなみに、清書後の過度なデザイン変更は、別途有料になるので、下書きで調整しましょう。

ステップ⑤:相手を評価する

最後は取引した相手を評価しましょう。次に利用する人の参考にもなります。

また、依頼(利用)する人も評価されるので、あまり適当にすると、拒否られる可能もあります。

なのでしっかりと評価しましょう。



\オリジナルのアイコンを作ろう/

アイコン作成での失敗談

最後に僕の失敗談を話そうと思います。

ちなみに、失敗した理由は僕の発注方法が悪かったからです。

失敗したのはつぎの3つ。

  1. まったく似てなかった
  2. パターンが使いにくかった
  3. 値段だけで探した

①:まったく似てなかった

発注したはいいが、まったく似てませんでした。

これは自分が悪いんですけど、自分の写真を送らずに作ったんですよね。

そうしたら、まー僕と似てないアイコンになりましたw

せっかくなんで公開します。これがベガサポ・スタジアム!の初期アイコンです。

これを見た僕の知り合いから

「全然にてないっすねーw」

って言われました。

なので、恥ずかしがらずに、自分写真を送りましょう。

上手くテフォルメしてくれますよ。

②:パターンが使いにくかった

これも僕が悪いんですが、パターンを相手に指定したんですよね。

なので、非常に使いにくくて、困りました。

特に使いにくかったのはこちら。

驚いているアイコンなんですけど、サッカーブログには使いにくかったです。

必要な表情をきちんと指定しましょう。

同じ驚いてる画像でも、ネタ元になる画像を指定するだけで別物になります。

結果的にこちらのほうが、圧倒的に使いやすかったですね。

③:値段だけで探した

最後は値段を優先して、依頼したことです。

最初に依頼した出品者さんは、5枚で2,000円位だったはずです。

1枚の単価が下がるに越したことはないですが、その分クオリティは下がります。

ここは予算にもよりますけど、あんまりケチらないほうがいいと思いました。

おすすめのイラストレーターさん

最後にオススメするイラストレーターさんを紹介します。

僕のイラストを書いてもらってる「みたたろ」さんです。


みたたろさんの出品ページ

依頼するとこんなイラストになります。

このようにバストアップを、上手くデフォルメしてくれます。

このイラストのおかげで僕のブログや、SNSは他の人とおおきく差別化されてます。

オリジナリティあるブログや、SNSのアイコンを作りたい人はぜひココナラを利用してみてください!